佐橋亮研究室(国際政治学/神奈川大学法学部)

Welcome, Ryo Sahashi official site (International Relations/ Kanagawa University, Yokohama)

 

Blog(Ryo's Blog) 

 

解説「進むミサイル開発 北朝鮮にどう向き合う」NHK・日曜討論、2017年3月19日。 

 

解説「経済教室 トランプ外交をよむ 政権中枢、省庁の調整が鍵」『日本経済新聞』2017年2月27日。

 

対談「トランプ政権と米中関係(川島真・東京大学教授と)」『公研』2017年2月号、38-54頁。

 

論文「対外政策」竹中治堅編『二つの政権交代 政策は変わったのか』勁草書房、2017年、180-214頁。

 

評論「特朗普外交和同盟国的忧郁(トランプ外交と同盟国の憂鬱」『聯合早報』2016年12月27日。

 

学会報告ペーパー「アメリカは中国の権力をどのように捉えているのか」日本国際政治学会2016年度部会9(兼・公開講座)。

 

単著「共存の模索 アメリカと「二つの中国」の冷戦史」(勁草書房) 2015年12月刊行

 書評:2月21日 朝日新聞(吉岡桂子編集委員)

    神奈川大学評論第83号(福島啓之先生) 

 

編著書 Looking for Leadership: the Dilemma of Political Leadership in Japan 2015年12月刊行

 紹介:2月17日 毎日新聞「布施広の地球儀」

            2月29日 外交問題評議会"Asia Unbound"

 

最近の出版物

1「東アジアをめぐる安全保障秩序構想」木宮正史編『日本の安全保障 第6巻 朝鮮半島と東アジア』岩波書店, 299-327頁。

「平和主義と安全保障の交錯」『自由と正義』(日本弁護士連合会)2014年Vol65, No.9, 16-21頁。

 

最近の出版物(一般向け)

「アメリカにおける戦略議論と中国」US-China Report(日本国際問題研究所),2016年2月

"Japan’s vision for the East Asian security order," East Asia Forum, 23rd of February, 2016.

「アメリカ外交の自画像と国際秩序の将来」『東亜』(霞山会),2015年11月号,4-5頁。

"Fixing the Relationship: A Japanese Perspective," East Asia Forum Quarterly, Vol.7, No.3, September 2015, pp.12-14.

「進化するアメリカのアジア安全保障協力とその限界」『東亜』(霞山会),2015年8月号,4-5頁。

6「キューバとの和解とオバマ外交の遺産作り」『東亜』(霞山会),2015年5月号,4−5頁

「アメリカ社会の新しい多様性」『東亜』(霞山会),2015年2月号,4-5頁。

「アメリカはどこまで価値観の違う中国を許容するか」『東亜』(霞山会)、2014年11月号。

「アメリカの大戦略を解析する」『外交』第23号。

 

最近の出版物(英語論文) 

1 “Japan-Taiwan Relations since 2008: An Evolving, Practical, Non-Strategic Partnership,” Jean-Pierre Cabestan and Jacques deLisle (eds.), Political Changes in Taiwan under Ma Ying-jeou: Partisan conflict, policy choices, external constraints and security challenges, London: Routledge, 2014, pp.232-246.

 

2 "The Rise of China and the Transformation of Asia-Pacific Security Architecture," William T. Tow and Brendan Taylor (eds.),Contending Cooperation: Bilateralism, Multilateralism, and Asia-Pacific Security, London: Routledge, 2013, pp.135-156.

 

2009年12月23日 オフィシャルサイトを開設しました。