主要業績

 

アメリカと中国・台湾

1.『共存の模索 アメリカと「二つの中国」の冷戦史』勁草書房,2015年。

2.(監翻訳)『支配への競争 米中対立の構図とアジアの将来』日本評論社,2013年。

 

アジアの安全保障アーキテクチャ

1.「東アジアをめぐる安全保障秩序構想」木宮正史編『日本の安全保障第6巻 朝鮮半島と東アジア』岩波書店、2015年、299-327頁。

2.  “Security Arrangements in the Asia-Pacific: a Three-Tier Approach,” William T. Tow and Rikki Kerstain (eds.), Bilateral Perspectives on Regional Security: Australia, Japan and the Asia-Pacific Region, New York: Palgrave MacMillan, 2012, pp.214-240.

(加筆修正し、日本語で出版したものが以下。 「アジア太平洋地域における安全保障アーキテクチャと三層分析法」神保謙・東京財団アジア安全保障プロジェクト編『アジア太平洋の安全保障アーキテクチャ 地域安全保障の三層構造』日本評論社、201112月。

3.  "The rise of China and the transformation of Asia-Pacific security architecture," William T. Tow and Brendan Taylor (eds.), Contending Cooperation: Bilateralism, Multilateralism, and Asia-Pacific Security, London and New York: Routledge, 2013, pp.135-156.

(以上は、以下の論文に加筆修正を加え、英語にて作成し直したもの。「中国の台頭とアジア太平洋の安全保障アーキテクチャの変容」『海外事情』(拓殖大学海外事情研究所)20121月号。

 

冷戦後日本の外交・安全保障政策

1.「対外政策:安全保障重視のアジア外交へ」竹中治堅編『二つの政権交代:政策は変わったのか』勁草書房,2017年初(印刷中)。

2.「安全保障政策の変容と行動空間の拡大」御厨貴編『変貌する日本政治 ―混迷の時代を読み解く』勁草書房、2009年12月。

3.「民主党外交と政治主導の失敗」『政策・経営研究』(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)、第25号(2013年2月)、115-128頁。

4.「平和主義と安全保障の交錯」『自由と正義』(日本弁護士連合会)2014年Vol65, No.9, 16-21頁。

5. Security Partnerships in Japanese Asia Strategy: Creating Order, Building Capacity, and Sharing Burden,” Asie. Visions 61 (Paris: Institut français des relations internationales), February 2013, pp. 1-23.

6. “Japan-Taiwan Relations since 2008: An Evolving, Practical, Non-Strategic Partnership,” Jean-Pierre Cabestan and Jacques deLisle (eds.), Political Changes in Taiwan under Ma Ying-jeou: Partisan conflict, policy choices, external constraints and security challenges, London: Routledge, 2014, pp.232-246.