プロフィール

 

佐橋 亮(さはし りょう)

 

東京大学東洋文化研究所准教授

 

イリノイ大学政治学科留学を経て、国際基督教大学教養学部卒。東京大学大学院博士課程修了、博士(法学)。オーストラリア国立大学博士研究員、東京大学特任助教、神奈川大学准教授、教授を経て2019年度より現職。

 

スタンフォード大学アジア太平洋研究センター客員准教授、メキシコ自治工科大学吉田茂チェア、ジャーマン・マーシャル・ファンド研究員、参議院客員調査員などを歴任。専攻は国際政治学、とくにアメリカと東アジア、米中関係、アジア太平洋の安全保障秩序と制度。

 

著書に『共存の模索 アメリカと「2つの中国」の冷戦史』(勁草書房)、編著書にLooking for Leadership: the Dilemma of Political Leadership in Japan (Japan Center for International Exchange)、訳書にアーロン・フリードバーグ『支配への競争:米中対立の構図とアジアの将来』(日本評論社)、共著に『アジア太平洋の安全保障アーキテクチャ』(日本評論社)など。論文は日本語、英語、中国語にて多数。神奈川大学学術褒賞、日本台湾学会賞など受賞。1978年、東京都生まれ。