業績システム(神奈川大学)はこちら 

 

単著 Single-authored Book

1.『共存の模索 アメリカと「二つの中国」の冷戦史』勁草書房,2015年。

 

[学会誌論文 Academic Association Journals

1.「米中和解プロセスの開始と台湾問題 アメリカによる信頼性と安定の均衡の追求」『日本台湾学会報』第12(2010年)、173-197頁。

2.「ジョンソン政権と台湾海峡両岸 -信頼性と自己抑制-」『日本台湾学会報』第8(20065)42-66。(第四回日本台湾学会賞・受賞論文)

 

[共著・分担執筆 Book Chapters] 

1.  “Security Arrangements in the Asia-Pacific: a Three-Tier Approach,” William T. Tow and Rikki Kerstain (eds.), Bilateral Perspectives on Regional Security: Australia, Japan and the Asia-Pacific Region, New York: Palgrave MacMillan, 2012, pp.214-240.

2.  "The rise of China and the transformation of Asia-Pacific security architecture," William T. Tow and Brendan Taylor (eds.), Contending Cooperation: Bilateralism, Multilateralism, and Asia-Pacific Security, London and New York: Routledge, 2013, pp.135-156.

3.  “Japan-Taiwan Relations since 2008: An Evolving, Practical, Non-Strategic Partnership,” Jean-Pierre Cabestan and Jacques deLisle (eds.), Political Changes in Taiwan under Ma Ying-jeou: Partisan conflict, policy choices, external constraints and security challenges, London: Routledge, 2014, pp.232-246.

4. 「東アジアをめぐる安全保障秩序構想」木宮正史編『日本の安全保障 第6巻 朝鮮半島と東アジア』岩波書店、2015年、299-327頁。

5. 「アジア太平洋地域における安全保障アーキテクチャと三層分析法」神保謙・東京財団アジア安全保障プロジェクト編『アジア太平洋の安全保障アーキテクチャ 地域安全保障の三層構造』日本評論社、201112月。

6.「安全保障政策の変容と行動空間の拡大」御厨貴編『変貌する日本政治 混迷の時代を読み解く』勁草書房、200912月。

 

[紀要論文、研究機関刊行物等 Institution Journals

1「米中国交正常化と台湾問題の『不完全な決着』」『神奈川法学』47巻3号,65-117頁。

「平和主義と安全保障の交錯」『自由と正義』(日本弁護士連合会)2014年Vol65, No.9, 16-21頁。

3「アジア太平洋の安全保障アーキテクチャの2013年」『国際情勢』第83号。

Security Partnerships in Japanese Asia Strategy: Creating Order, Building Capacity, and Sharing Burden,” Asie. Visions 61 (Paris: Institut français des relations internationales), February 2013, pp. 1-23.

「民主党外交と政治主導の失敗」『政策・経営研究』(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)、第25号(20132月)、115-128頁。

亚太秩序的变化与日本的战略」『中国国際戦略評論』(世界知識社、北京大学国際戦略研究センター)、2012年号、33-44頁。(中国語)

「中国の台頭とアジア太平洋の安全保障アーキテクチャの変容」『海外事情』(拓殖大学海外事情研究所)20121月号。

「鳩山由紀夫政権におけるアジア外交 「東アジア共同体」構想の変容を手掛かりに」『問題と研究』(国立政治大学国際関係研究中心)2011456月号、1-40頁。

“Conceptualizing Three-Tier Approach to Analyze Security Arrangements in Asia-Pacific,” Security and Defense Studies Center Working Paper, Australian National University, December 2009.

10「ニクソン・キッシンジャー外交の研究動向 -対中和解、三角外交の解釈を中心に-」『社会科学ジャーナル』(国際基督教大学社会科学研究所)59号(20069月)、71-101頁。

 

【評 論】

「進化するアメリカのアジア安全保障協力とその限界」『東亜』(霞山会),2015年8月号,4-5頁。

「書評:覇権の翳り 米国のアジア政策とは何だったのか(石井修著,柏書房)」『北海道新聞』2015年7月19日。

3「キューバとの和解とオバマ外交の遺産作り」『東亜』(霞山会),2015年5月号,4−5頁

4「アメリカ社会の新しい多様性」『東亜』(霞山会),2015年2月号,4-5頁。

5「アメリカはどこまで価値観の違う中国を許容するか」『東亜』(霞山会)、2014年11月号。

6「批判される『オバマ・ドクトリン』と『普通の国への憧れ』」『東亜』(霞山会)、2014年8月号、4−5頁。

7「オーストラリア外交のバランス感覚:米豪同盟と対中関係の調整」『改革者』(政策研究フォーラム)、2014年8月号、26−29頁。

8「ミシェル・オバマは中国で何を語ったのか」『東亜』2014年5月号。

9「アメリカ外交はどこに向かうのか」『東亜』2014年2月号。

10「アメリカの大戦略を解析する」『外交』第23号。

11「オバマと中国、アジア」『神奈川大学評論』第75号(2013年)、92ー103頁。

12「台頭する中国をどう見るか」『神奈川大学評論』第71号(2012年)、137-145頁。

13「外を向いてこその外交だ アメリカの優越、中国の台頭と日本」『論座』(朝日新聞社)2006年4月号、187-193頁。 

 

[書 評 Book Review

1.「書評:Evelyn Goh, The Struggle for Order: Hegemony, Hierarchy, and Transition in Post-Cold War East Asia」『アジア研究』第60巻1号, 76-80頁。

2.「書評:神田豊隆『冷戦構造の変容と日本の対中外交 —二つの秩序観1960-1972』」『国際政治』第172号(2013年)、162-165頁。

3.「学界展望:国際政治 Charles Kupchan, How Enemies Become Friends: the Sources of Stable Peace」『国家学会雑誌』12356(2010)588-590頁。

4.「学界展望:国際政治 Evelyn Goh, Constructing the U.S. Rapprochement with China, 1961-1974.」『国家学会雑誌』11978(2006)135-138頁。

5.「ジョン・J・ミアシャイマー『大国政治の悲劇』(五月書房、2007年)」『論座』(朝日新聞社)20075月号、308-309頁。

 

[翻 訳 Translation 

1. アーロン・フリードバーグ(監訳)『支配への競争:米中対立の構図とアジアの将来』日本評論社、20136月。(古賀慶、山口信治、石原雄介、井形彬と共訳)

  書評:週刊東洋経済 2013年7月27日 中岡望先生

     日本経済新聞 2013年8月25日 塚本勝也先生

       外交 第22号  2013年11月      村田晃嗣先生

     毎日新聞   2013年12月8日 白石隆先生

 

2. 坂本義和「グローバル・アイデンティティの確立に向けて」藤原帰一・大串和雄・遠藤誠治・石田淳編『坂本義和集6』岩波書店所収、20052月、106-135頁。(大串和雄と共訳)

  

【報告書】

1.“Disaster Relief and Risk Reduction in East Asia: the role of Japan-ASEAN Partnership,” in Mely Anthony and Chikako Ueki (eds.), Navigating Change: Japan-ASEAN Strategic Partnership in East Asia, CSIS (Indonesia) and JCIE, 2015, 131-149.

2. 「20年後のアジア太平洋地域と日本の役割」,外務省,2015年4月公表。

3.US-Japan-Australia Security Cooperation: Prospects and Challenges, Washington DC: Stimson Center, April 2015.

4.Farge, T., N. Yamaguchi, A. Denmark, R. Sahashi, and K. Koga, Special Report: Preparing  for Future Disasters: Strategic Assistance and the U.S.-Japan Alliance, Seattle, WA: National Bureau of Asian Research, 2015.

5.『アジアの世紀と日米の絆』日経CSISヴァーチャルシンクタンク、2013年12月。(上級フェローとして取りまとめ)

6.『ルール推進国家 日本の国家安全保障戦略』笹川平和財団、201110月。(副主査)

7. 『日本の対中安全保障戦略: パワー・シフト時代における統合・バランス・抑止』東京財団、20116月。

8.『「従来の約束」の刷新と「新しいフロンティア」の開拓: 日米同盟と「自由で開かれた国際秩序」』東京財団・新米国安全保障センター、20101026日。

9.『アジア太平洋の地域安全保障アーキテクチャ 地域安全保障の重層的構造』東京財団研究報告書、20108月。

10. "North Korea Challenge and Resonance of Regional Security Arrangements," in Yuki Tatsumi (ed.), North Korea and Japan-US Alliance, Stimson Center, 2010.

11. (with Koji Watanabe), "New Challenges, New Approaches: Regional Security Cooperation in East Asia," in Tadashi Yamamoto and Koji Watanabe (eds.), New Challenges, New Approaches: Regional Security Cooperation in East Asia, Tokyo and New York: Japan Center for International Exchange, 2011.

 

【講演記録】

「オバマ外交のグランドデザインと東アジア」CISTEX Journal No.154.

「東アジアにおける政治対立と安全保障」『神奈川大学アジア・レビュー』第1巻(2014年),7-21頁。

 

【コメンタリー】 ※印刷有り (残りはインターネットでの配信)

“The political and diplomatic hard-yards still to be done on collective self-defense,” East Asia Forum (Canberra: East Asian Bureau of Economic Research, College of Asia and the Pacific, Australian National University), 5th of July, 2014.

「米国のアジア外交 見極めた外交を」『神奈川新聞』2014年5月19日。※

「国際社会で活躍する日本女性を増やすためには」『アジアの安全保障2014-2015』(亜紀書房、2014年)。※

“Japan-US Security Consultative Committee at Tokyo: From ‘Quiet Transformation’ to ‘Noteworthy Institutionalization’ of Alliance,” AJISS Commentary (Association of Japanese Institutes of Strategic Studies), no.189, November 21, 2013. ※

「空転する米国政治と日本の立ち位置」時事通信社会員制WEBニュースサービス「Janet」2013年10月9日。

「安全保障と広報外交・国際交流」一般財団法人平和・安全保障研究所編『アジアの安全保障 2013年度版』(朝雲出版社、2013年)。※

「垣間見えたアメリカ対中政策-「関与」と「備え」慎重にバランス」時事通信社会員制WEBニュースサービス「Janet」2013年7月1日。

「第2次オバマ政権のアジア政策=アジア再重点化の変質はあるか」時事通信社会員制WEBニュースサービス「Janet」2013年4月11日。

「グローバル・トレンズ2030」にみる世界政治の中長期的見通し」『Janet』(時事通信社)、20121227日。

「オバマ再選の背景と今後の展望」『e-World』(時事通信社)、20121121日。再掲Web新書』(朝日新聞社)、201212月。

 Domestic Constraints: Making the most of the US pivot,” East Asia Forum Quarterly (Canberra: Australian National University Press), vol 4, no.3, September 2012, pp.24-25. ※(Also appeared on East Asia Forum (Canberra: East Asian Bureau of Economic Research, College of Asia and the Pacific, Australian National University), 6th of November 2012.)

「オバマ政権、ロムニー陣営の対中政策観を読む=アーミテージ・ナイ報告書もひとつの手がかりに」『e-World』(時事通信社)、2012822日。再掲Web新書』(朝日新聞社)、20129月。

「アメリカの太平洋重視をめぐり論議=パネッタ国防長官のシャングリラ演説を読む」『Janet』(時事通信)、2012622日。

 “A Japanese Perspective on the Future of Liberal Order,” NIC GT2030 Blog (アメリカ政府国家情報会議グローバルトレンド2030プロジェクト公式ブログ), 5 June 2012. Reprinted in East Asia Forum (Canberra: East Asian Bureau of Economic Research, College of Asia and the Pacific, Australian National University) as “Japan’s role in the new liberal order,” 22 January, 2013.

“Un ponte sul Pacifico” formiche (April, 2012), pp.64-65. (イタリア語)※

「日米関係に必要な特別な努力とは=アジア戦略と交流の重要性」『Janet』(時事通信社)、2012417日。

“Yoshihiko Noda’s Leadership for Japan,” East Asia Forum (Canberra: East Asian Bureau of Economic Research, College of Asia and the Pacific, Australian National University), 13h of September, 2011.

"New Common Strategic Objectives for US-Japan Alliance: Continuing Quiet Transformation," Asia-Pacific Bulletin, East West Center, July 26th, 2011.※

"North Korea: Why Seoul-Tokyo Cooperation Is Necessary." JPI Peace Net, Jeju Peace Institute, February 15th, 2011. Reprinted in Jeju Peace Institute(ed.), Dialogue for Peace and Cooperation in East Asia, Seoul: Neulpumplus, 2012, pp.43-49.※

 "Japanese Vision for East Asian Community-building," East Asia Forum Quarterly, vol 2, no.3 (Canberra: Australian National University Press), pp.32-34.※

 "A three-tier approach to Asian regional architecture," East Asia Forum Quarterly, vol 1, no.2, (Canberra: Australian National University Press) October, 2009, pp.16-18.※

"New thinking about foreign policy strategy in Japan," East Asia Forum (Canberra: East Asian Bureau of Economic Research, College of Asia and the Pacific, Australian National University), 27th of January 2010.

“Hatoyama’s New Path and Washington Anxiety,” East Asia Forum (Canberra: East Asian Bureau of Economic Research, College of Asia and the Pacific, Australian National University), 6th of September 2009.

「日本外交の隘路:外交政策運営の混乱を超えて」、東京大学政策ビジョン研究センター、2010614日。

「安全保障と防衛力に関する懇談会」における「地域における協力」について-地域安全保障アーキテクチャーという発想」、東京財団、2009811日。

「日米交流「先細り」で知日派絶滅の危機」『フォーサイト』(新潮社)200710月号。

「香港問題的另一種策略──東京的觀點」沈旭暉編『後特區啟示錄 -101青年學人看香港回歸』香港政策研究所、2004年。※